スキルと経験

experience and skill

スキル意識・認識の醸成は社会課題

スキルとは「何かができる力」のこと、つまり、個人の能力や強みを意味します。「個人のエンパワーメント」を目的として活動するIFLATsは、スキルに関する意識調査を実施しました(2020年10月)。調査時点に仕事をしていて収入を得ている30-49歳の男女1367人を対象とし、「スキル整理経験の有無」「スキルの整理方法」「スキルはどのように得るものか」等について尋ねました。

この結果から、全体的に「スキル」に関する意識・認識は高くはない状況が見て取れました。企業と個人が「価値の交換」をするという視点で「働く」ことを見たときに、個人側からの価値提供の手段であるスキルの説明をする準備が整っていないこと自体が社会課題の一つと私たちは考えます。自身の待遇や状況に満足していない社会人が少なくないと思われる状況に対する、改善に向けた最初の一歩として、スキルの棚卸の重要性が見て取れます。

スキルの整理においても、自分自身で行っているケースが大半を占め、勤務先やキャリアコンサルタント、周囲の人も含めて、客観的なフィードバックを得ている人は極めて少ないということもわかりました。

  1. スキルの整理経験について対象者全員(n=1367)についてお尋ねしました。その結果、「定期的に整理」と「必要に迫られて整理」のスキル整理経験者が全体の31.1%という結果になりました。

能力・強み・スキルの整理経験

2. 全体の3%にあたるスキル整理を行っている人(n=428)の整理方法は「自分で整理している」が圧倒的に高く70%を占め、続く「勤務先の業績評価やフィードバックを通じて整理している」が25%弱となりました。自主的に外部のツールを使って整理している人はまだまだ少数であることがわかりました。(複数回答)

能力・強み・スキルの整理方法

3. スキル習得の考え方について、対象者全員(n=1367)に尋ねたところ、半数を超えたのは、「同じ種類の業務経験を積み重ねる」「新たな業務経験をする」のみで、学業や学習が4割弱、遊びや趣味は2割、スポーツは1割強でした。スキルが仕事以外の日常生活の中でも身につくという認識は、まだあまり共有されていないことが分かりました。(複数回答)

スキルは日々の暮らしからも体得される

事例として家事の一つである食事を考えてみましょう。まず、いつ、何を、どこで、どのようにして食べるのかを決めなくてなりません。健康のことまで意識してメニューを選ぶ人もいれば、目の前にある店で買うという人もいるでしょう。お腹の好き具合、今いる場所や食事に使える時間配分などを検討して、総合的に判断するというプロセスを誰もが無意識にしています。食事1つとってみても、多くの人が「状況適応力」や「意思決定力」を日々の暮らしの中で常に発揮し続けています。新しいメニューを作ってみるなら「創造的思考力」も試されるかもしれません。誰かと一緒に会話をしながら食べたら「共感力」が鍛えられることもありえるでしょう。

一方で、仕事という面から「状況適応力」「意思決定力」を考えてみましょう。求められるスキルとして違和感はあまり覚えないかもしれません。「創造的思考力」「共感力」についてはどうでしょうか?一部業種では確実に求められますが、一部ではそうではないと回答される方もいらっしゃるでしょう。

こうしてみてみると、日々の暮らしにも仕事にも共通するスキル、つまり汎用性の高いスキルがあることがわかります。

日々の暮らしの中でできる経験でも、仕事の経験でも洗練されていく「汎用性の高いスキル」を一つの極に置いたときに、もう一方の極は業界や業務種類に特有の「専門性の高いスキル」がきます。この2種類のスキルを極に置いた軸でスキルを分析すると、もうひとつその間に、汎用性はあるが主に仕事で鍛えられやすいスキルがあることが見えてきます。

スキルを3分類で見る

IFLATsではスキルを汎用性の高い方から専門性へ向かって3種類に分類しています。

①「ソーシャルスキル」②「ポータブルビジネススキル」③「業務専門スキル」の3つです。

スキル3分類
汎用性の高いスキルが基礎となり、業務専門スキルの発揮を支える

 

それぞれのスキルカテゴリーを見ていきましょう。

   ①「ソーシャルスキル」とは、仕事を含む暮らし全般の様々な状況に対して効果的に対処するための基礎スキルで、15種類を特定しています。中分類として<推進力>(3種類)、<コミュニケーション力>(3種類)、<メンタルケア力>(3種類)、<付加価値創出力>(5種類)、<自己認識力>(1種類)に分けています。

人によって保有するソーシャルスキルの種類や、その強弱にはばらつきがあります。組み合わせとして、<推進力><コミュニケーション力><メンタルケア力><付加価値創出力>の4つの枠組みに入っているスキルをバランスよく持つと仕事面での評価につながりやすい傾向が、1万人を対象とした調査で見えました。それぞれのスキルが相乗効果を生みやすくなる傾向があるようです。個人が全てのスキルを備えるのは理想のように思えるかもしれませんが、それ以上に重要なことは、チームメンバー同士で補完しあうことです。また、<自己認識力>は、他の4つのスキルの相互作用により変化するものでもあり、一番捉えがたく難しいスキルと言えます。チーム内での自分自身の役割を理解したり、チームをどのように組むとスキルを補完し合えるかを考えたりするには、自己認識が鍵となります。ソーシャルスキル15種類

    ②「ポータブルビジネススキル」とは、部署や業種が変わっても活用でき(=ポータブル)、業務専門スキルを生かすための基礎となるビジネススキルです。現段階では事務系職種で横断的に活用できる33種類を定めていますが、今後リサーチに基づき、リストを拡充することも検討しています。30~33番は知識系の項目ですが、今日のビジネスシーンにおいて欠かすことができず、業界・業種を超えて横断的に活用可能なものだけに絞って、リストに加えることとしました。

ポータブルビジネススキル

    ③「業務専門スキル」とは、業界・業種特有の専門知識・技術です。例えば、バイオマテリアル研究に必要な化学実験スキルや、電車の運転スキルなど、業界や業務種類に固有なスキルのことを指しており、そのため、内容は多岐にわたります。

汎用性の高いスキルこそ重要

「個人のエンパワーメント」を目的とするIFLATsでは、長期的な視点でみたときに、汎用性の高いスキルこそ重要であると考えています。理由は「基礎があれば、応用は可能」になり、基礎無しには応用はできないからです。汎用性の高いスキルを強めることで、自身がすでに身に着けている業務専門スキルを最大限に生かすことができるようになります。また、基礎力、つまり汎用性の高いスキルを体得していれば、新しい職業や新しい学びにチャレンジすることで、これまでとは違う業務専門スキルを身に着けることは、何歳からでもできるのです。

その考えに基づき、汎用性の高い二つのスキル①ソーシャルスキルと②ポータブルビジネススキルに注目をした、ウエブサービス「PRAIL(プレイル)」のβ版を11月25日に公開しました。経験の蓄積と周囲からのサポートにより「自分のスキルを知り、伝える」ことで、個人の力を高めるためのサービスです。

PRAIL―スキルを自分の現在と未来へつなげるために

「PRAIL」β版は、個人が、仕事や趣意、地域活動、家事、育児等、何かしらの活動を経験する度に、同じ目的を共有し、時間を共に過ごした関係者から、その場で自分が発揮していたスキルに対するフィードバックをもらうことができます。フィードバックは選択式による肯定的な表現で構成しています。ユーザーは一緒に活動をした他者からのフィードバックを受け取ることで、客観的に自分の強みを知ることができます。多種にわたる経験の記録を重ねることで、多様な人からフィードバックを受け取ることで、自分自身のスキルを多面的に認識する機会が増えていきます。

ユーザーが「スキルを軸としたコミュニケーションを通じて人とつながる」ことに加え、「過去に発揮したスキルを現在と未来の自分へつなげる」きっかけを提供するのが「PRAIL」です。個人のエンパワーメントのために「スキルをつなげるツール」となることを目指しています。

PRAIL MOVIE

PRAIL新規登録画面
PRAILのウエブサイト

 

PRAILの紹介動画は

コチラからご覧ください。

PRAILβ版の利用は無料です。

下記のリンクからアクセスいただけます。

https://www.prail.ai

まずは、PRAILでスキルのセルフチェックをお試しください。

また、ご感想等を、フッターにある「お問い合わせ」を通じてお聞かせいただければ、嬉しいです。

使い方詳細は、下記のバナーからダウンロードください。pdfダウンロード

 

 

MORE ON IFLATs関連記事